若い内

育毛剤にある有効成分のポイント

効果が高い医薬品として出ている育毛剤には大きく分けて二種類の成分があります。
一つはフィナステリドと言う、髪質を変えて太く抜けにくい毛にしてやる成分です。
もう一つはミノキシジルという、血行促進・血管拡張をさせて活発な毛根を再生させる成分です。

どちらの成分が入った育毛剤を使えば良いのか、というポイントは簡単に言うと現在の薄毛がどこまで進行しているか、と言う事になると思います。
単に抜毛が増え出して、薄くなり出したなという段階なら髪質が変わって細い抜けやすい毛をなっている、と言う事ですから、フィナステリドだけでも大丈夫です。
フィナステリドは上記にあるように、太い抜けにくい髪質に変えてやる成分なので、これだけを使用してしばらく時間をかければだんだんと毛は太く濃くなって行きます。

半年もすればかなりの改善がされるはずです。
フィナステリドは発毛させるのではなく、しっかりした毛に変えて現状維持させる成分だからです。
薄くなって来ただけではなく、頭皮の露出が増え出した、と言う段階であればフィナステリドに加えてミノキシジルの併用をした方が良いとされています。

ミノキシジルはその為、フィナステリドと違って、塗布するタイプの物が多く売られています。
コマーシャルなどでやってる商品は殆どが、ミノキシジルが含まれている物です。
ミノキシジルは毛根を再生させてやり、発毛させる効果がある成分ですので、ミノキシジルで発毛させてフィナステリドでそれを維持させる、と言う事になります。

但し、ミノキシジルは発毛効果が高い反面、副作用の高さも心配されますので、その辺りはちゃんと認識しましょう。
副作用が心配なら、それ以外の成分配合の物も多数あります。
自分で判断するのは、あくまでも素人判断になりますから、まずクリニックへ行って相談して見るのが良いでしょう。

専門家がどの段階か、何を処方すれば良いのかを判断してくれます。
くれぐれも下調べもせずに、焦って自己判断で購入して使用したりしないようにしましょうね。
抜毛が広がってしまった、なんて事になってしまったらやぶ蛇ですので。
育毛剤は正しい自分に合った使い方をしましょう。

このページの先頭へ