若い内

育毛剤を年齢に合わせて選ぶ

育毛剤には抜毛を減らす効果がある物と、発毛効果を出す物に分かれます。
一般的には未成年や20代前半のように、毛根や頭皮など細胞の成長がまだまだ望める若い人には、発毛効果のある育毛剤の必要性は少ないと言われます。
なぜなら、生活習慣の改善などでバランスの崩れてしまったホルモンを元に戻せる事が多いからです。
要は頭皮や毛根の血流を良くしてやればいいからです。

脱毛症はホルモンのバランスの崩れでなる事が多いので若い人なら育毛剤などに頼らなくても、十分改善の余地があるそうです。
でも、脱毛症ってなってしまうとすごいコンプレックスになってしまうし、早く改善したいと思いますよね。
それに生活習慣の改善だけで治らない人も居ます。

遺伝でなってしまう脱毛症もありますから、遺伝で若い内から脱毛症が始まってしまったら、育毛剤に頼らざるを得なくなりますからね。
そういう人は、未成年の若者であれば抜毛予防のタイプを使用しているだけで予防は出来るそうです。
例えば育毛シャンプーなんかのような物ですね。

成人になったら、クリニックで見て貰って、必要に応じて発毛効果のある育毛剤を使い出す、と言う事で良いと思います。
細胞の成長の止まっていない若い内から、あまり医薬品のようなタイプの物を使うと、成人になってからの免疫が低下したりする事もあるそうです。

ですので、10代の未成年から20代前半位までの若さなら使うとしても育毛シャンプーと頭皮のマッサージなどで現状維持プラスアルファにしておいて、20代後半以降は本格的な医薬品のタイプや、発毛効果のあるタイプとの併用などを考えて行けば良いと思います。
それに脱毛症は保険適用外の治療になるので、そんな若い内から始めると費用も馬鹿になりませんのでコスト的にも大変です。

脱毛症になったからと言って、すぐに育毛剤の使用を考えるのではなく、ストレスや食生活などで改善の余地があるのなら、それに越した事はありません。
早い内から焦らないで、体の他への影響や年齢が進んだ時への影響などもちゃんと考えましょうね。

このページの先頭へ