若い内

効果的な育毛剤の年代別分析

抜毛は年代によって増えて行きます。
20代後半になると、人間の細胞の成長は止まります。
抜毛もその影響により、20代後半から始まる人が多いようです。

勿論、抜毛が始まらず薄毛にならない羨ましい人も居るのですが、平均して4人に1人が薄毛になる、と言われています。
抜毛が始まった20代では、殆どの場合は育毛剤の効果はあまりありません。
むしろ、生活改善の方が効果があるようです。

生活習慣の乱れ、などは最も影響があるようですので育毛剤に頼らず、まずは生活改善を行いましょう。
特にストレス解消にも力を入れましょう。
それだけで抜毛が止まる事が多いそうです。
それでも気になる人は育毛シャンプーなどだけでも良いでしょう。

30代になると、抜毛が進行し始めます。
代謝が低下をし始める事、男性ホルモンの増加、などにより抜毛が進行しやすくなります。

そうなれば、まずクリニックに行って相談しましょう。
そこで、内服タイプの育毛剤を処方して貰いましょう。
この頃でハゲにまでなっていない人なら、処方された薬を内服するだけで抜毛を止める事が出来ます。

つまり、早期対策です。
抜毛も脱毛症と言われるだけあって、病気のような物ですから、早期対策すれば止める事が出来ます。
多くの臨床結果から、現状維持プラスアルファが望めるそうです。

処方されるのは、フィナステリドという成分を含んだプロペシアと言う物が殆どです。
これは勿論、厚生労働省が認可した物ですが、残念ながら保険適用では無いので、自費払いとなるので少しお財布には痛いですが、出費と抜毛とどちらを取るか、と言うことですね。

40代になると、一層抜毛は進行します。
この頃には、人によってはハゲに近い人も多いかも知れません。
その場合、上記のプロペシアだけでは現状維持ですのでやはり不満ですよね。

そうした時に、内服するプロペシアに加えて育毛促進をさせる塗るタイプや、やはり内服するタイプの物を加えます。
これはミノキシジルという成分が含まれた育毛剤で、いろんな種類の物が販売されています。
勿論、クリニックでも処方して貰えます。

このミノキシジルを加える事で、発毛効果が高まる事が多くの臨床結果からも出ています。
こうして、年代別に育毛剤で抜毛対策をして行きましょう。
必ず治る、という保証は勿論無いのですが、多くの臨床結果がありますから、期待は持てると思います。
頑張って抜毛、薄毛を克服しましょう。

このページの先頭へ