若い内

育毛剤を開始する年齢

そもそも、脱毛が起きる原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という成分が髪の毛の成長を狂わせて、抜毛が起きる物です。
それを正常に戻してやるのが、育毛剤の役目です。
基本的に年齢制限というのは無いようです。
但し、育毛剤には医薬品の物と、医薬部外品の物があります。
医薬部外品はよくある塗布するような物です。

医薬品は効果が高い分、副作用の恐れも少しながらあります。
なので、未成年の人であれば、なるべく医薬部外品のタイプを使用した方がいい良いとされています。
未成年の人はまだまだ細胞が活性化されていますので、医薬品の副作用によって、細胞の活性化が阻害されてしまったりする恐れもあるからです。

また、副作用でうつ症状や、低血圧を起こす場合もあるらしいので、なおのこと医薬品は避けた方が良いそうです。
育毛剤で薄毛を解消出来ても、他の症状で苦しんだら意味がありませんよね。
未成年のような細胞が活性化されている人であれば、食事療法や頭皮のマッサージなどでも、ある程度は抜毛の改善に繋がる事もありますので、その促進という意味で医薬部外品を使った方がいいそうです。

そもそも、睡眠や食事、ストレス、など生活習慣の乱れからも脱毛に繋がります。
若い人ならそれらをきちんとしてやるだけで、脱毛症状が改善された例も多いんです。
まずはそこからでは無いでしょうか。
それでも改善が無ければ、未成年であれば医薬部外品の育毛剤の使用を検討したら良いと思います。

未成年でなければ、良いと言うのではありません。
目安としては20代前半までなら、上記のように生活習慣を改善していく、というのがまず行う対策です。
育毛剤を考えるのは、その後にしましょう。

一番、良いのは専門のクリニックに行って、まずは相談してみるのが良いと思います。
そこで育毛剤が処方されたのなら、医師がそう判断したのですから服用しても良いと思います。
体質は若いうちは変わって行きますから、焦らずにまずは相談してじっくり考えて対策をして行きましょう。

このページの先頭へ