若い内

育毛剤の副作用の心配について

育毛剤の中で、有名で最も効果があるとされているのはクリニックで処方される内服タイプの物です。これにはプロペシアという物が多いです。
クリニックで処方されるので、これはれっきとした医薬品なのでその効果も実績があります。
しかし、医薬品には多かれ少なかれ副作用と言う物があります。

育毛剤として処方される医薬品はプロペシアが有名です。
このプロペシアですが、これにもやはり副作用があり、
・性欲の減退
・勃起機能の不全
というのが挙げられています。

但し、これはほんの数パーセントの人にしか現れないのであまり気にする必要はないそうです。
むしろ、このプロペシアの育毛効果を促進させて、発毛効果を促す効果があると言われている、ミノキシジルの副作用の方が気を付けないといけません。
ミノキシジルには発毛効果があるので、塗るタイプやシャンプータイプが多いのですが、これらは必要な部分に付ける訳ですので問題ありません。
問題は内服タイプのミノキシジルです。

上記のように、ミノキシジルは発毛効果があるので、内服タイプだと、薄い部分は濃くなるので良いですが、薄く無い部分まで効いてしまうので、必要以上にそこが濃くなってしまうらしいのです。
頭の薄い部分が濃くなったのは良いが、顔の毛が濃くなってしまった、なんて例もあるそうです。
勿論、副作用には個人差がありますから、必ず起きると言う訳ではありませんが。

それ以外にも、めまいやむくみなどの副作用も幾つか確認されています。
ですので、発毛効果があるミノキシジルを使う場合は内服タイプは使わない方が良いそうです。
手間がかかっても、やはり多く出ている外用薬にしておいた方が良いと言えます。

薄毛が解消されても、他の症状で困る事になったら、意味がありませんよね。
医薬品である以上は副作用が付き物ですから、それをよく調べてから使うようにしましょう。
塗布するような、育毛剤は数多く出ていますし、ミノキシジルではない成分が配合されている物も多くありますので、そういうのを検討しても良いかと思いますよ。

このページの先頭へ