若い内

育毛剤使用でのアレルギーについて

育毛剤も医薬品などのように内服する物もあれば、頭皮に直接塗ったり、シャンプーしたりする物もあります。
頭皮に塗って、肌が荒れてしまったとか、内服したらじんましんが出た、などのアレルギーを発症したりすると使用出来ません。
育毛剤によっては、含まれる成分によりアレルギー反応を起こす事は実際にあるそうです。
勿論、その人との体質の相性もありますが。

一つはミノキシジルという発毛効果のある物です。
このミノキシジルにはプロピレングリコールという成分があり、これによってかゆみ、頭痛、目眩などを起こす人もいるそうです。
アレルギーは体質に関係ありますから、人によっては確かに成分と相性が合わずアレルギーを起こす事があっても仕方が無いのかも知れません。

また、塗布タイプの育毛剤を使用して皮膚炎のような症状を起こしたりしたら、間違いなくアレルギー反応らしいので、すぐに使用を止めた方が良いでしょう。
そういう場合はより低刺激なヘアケア製品で代替えした方が良いと言えます。
女性用の育毛剤などは、肌に優しいのでそういった面では安全性が高いと言えます。

特に先程挙げたミノキシジルにはいろいろ多くの副作用の例がありますので、注意しましょう。
発毛効果が高い故に、このミノキシジルを配合した物は多いようです。
但し、効果を早く出したいが為に用法、用量を正しく使わなかった場合は何が出ても仕方ありませんので、用法、用量は正しく使った上での事ですよ。

塗布タイプの育毛剤でアレルギー反応が出るかどうかは簡単なテスト方法があります。
その育毛剤を腕の内側に塗ります。
そして、しばらく待って赤くなったり、かゆみが出たりしたら肌に合わないと言うことです。

腕の内側は普段あまり露出しないデリケート部分なので、そのデリケートさでも大丈夫なら、その育毛剤は使っても大丈夫という可能性が高いそうです。
どのような物であれ、もし少しでもアレルギー反応らしき症状が出たら使用を止めましょう。
心配ならば医師に相談しましょう。

このページの先頭へ