若い内

価格が高い育毛剤について

現在、専門クリニックで処方される育毛剤の代表的な物がプロペシアという内服タイプの育毛剤です。
これはれっきとした医薬品です。
クリニックによって少しながら割引サービスなどがあって値段に値段に違いがありますが、その差は微々たる物です。
大体1ヶ月分で7000円前後と思えば良いでしょう。

このプロペシアは実績が高く、フィナステリドという成分を含んだ物で、厚生労働省が認可している唯一の内服薬です。
育毛剤と言うより、事実上ですが発毛剤とも言えます。
初期の脱毛症であれば、このプロペシアだけを飲んでいれば育毛効果があり、薄毛が解消されます。
この事は多くの臨床結果が物語っています。

でも、毎月7000円って年間にしたら84000円ですよ。
やっぱり高いですよね。でも、これしか無いから仕方無い。
そう、考えていませんか?

医薬品にはジェネリック薬と言うのがあるのはご存知ですよね。
全く同じ成分を含んだ安価な薬です。
今は、病院などでもよく使用されていますね。

このプロペシアにも実はジェネリック品があるのです。
同じフィナステリドという成分で、同じ含有量の物です。
なら、それを買えばいいのです。

でも、残念ながら日本では普通には売っていません。
海外で売られている薬だからです。
だから、輸入販売で購入する事になりますね。

ジェネリックだから値段は数段プロペシアよりも安いです。
同じ成分を同じだけ含んでる訳ですから、効果も同じ、と言うわけです。
実際、そのジェネリック品を飲み続けている人は多数居て、効果がプロペシアと変わらない!という口コミはネットでも数多く見られます。

それなら、やはりジェネリック品を買いましょう。
どうせ、効果が同じなのですから、それならコストが大幅に低い方が当然助かりますよね。
有名な輸入販売の通販サイトがネットを見れば、幾つか出て来ますからそこで購入すれば良いです。
送料もまとめ買いなら無料!なんて所もあります。
是非、そういった購入の仕方をお薦めします。

このページの先頭へ